スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

久しぶりに小説。本屋大賞 辻村深月著『かがみの孤城』を読みました。

本屋さんが好きです。



外出すれば立ち寄って色んなジャンルの売り場を
ウロウロしてその書店の押し本をウォッチング。



興味を持って、新たなジャンルの本に手を出すことも。



最近俄然気になったのが、今年本屋大賞に輝いた本、辻村深月著『かがみの孤城』






『本屋大賞』は本屋で働く書店員さんたちが投票数によって選ばれる賞です。
本屋大賞(ほんやたいしょう)とは2004年に設立された、NPO法人・本屋大賞実行委員会が運営する文学賞である。 一般に、日本国内の文学賞は、主催が出版社であったり、選考委員が作家や文学者であることが多いが、本屋大賞は、「新刊を扱う書店(オンライン書店含む)の書店員」の投票によってノミネート作品および受賞作が決定される。



wikipediaより



 



学生時代夢中で読んでいた作家さん、恩田陸さんや森絵都さんが大賞になったり。
限りなく一般の人と近い目線の人たちが選ぶというのも親近感な賞ですね。



 



小説は細切れに読むとつながりを忘れてまた読み返す…なんてことが多かったので、
夏休みを使って一気に読みました!



主人公はとあることがきっかけで学校に行けなくなってしまった中学1年生の女の子。
現実に起きた主人公にとって大きな事件と、ファンタジー要素半分、なお話です。
伏線や謎が多く、先を推測しながら読むという点ではミステリー要素も入ってます。



予想が当たった部分もあり、ここに繋がるわけかー!と唸らせられる展開もあり、稚拙な感想ですがおもしろかったです。




理不尽な現実を、中学生は大人より上手くかわせないし、自分だけで解決できないこともある。



そこで大人がそれをいかにくみ取ってどう動くか。



子ども自身もその状況を打開するにはどうしたらいいか自分で考える。



 



子供目線でも大人目線でもどちらでもなくてもスッと読める内容でした。



久しぶりの小説、おもしろかった!
自身の活字離れを自覚していたので、また本屋を巡って読もうと思います。


muro式.10「シキ」はムロツヨシさんが続けてきた喜劇の舞台です。

最近テレビや映画で見ない日はないんじゃないかという大活躍のムロツヨシさん。

ムロさんがずっと観客が少ないときから続けてきたものだそうです。

東京公演に誘われよみうりランドまで行って来ました。

なぜよみうりランド?そこに劇場でもあるんかな?と思いつつ久々の小田急線。下北沢から登戸まで止まらない電車の早いこと!

工事最中ながらだいぶ変貌をとげた下北沢にも驚きつつ。

よみうりランド自体も初めて。
着いたと思いきやまだまだ歩く。







ムロさんをはじめとした3名の出演者が会場までいざなってくれます。



この先に会場があるらしい。

遊園地、という場所も久々で、しかもよみうりランドはなんだか懐かしい雰囲気がぷんぷんで観賞前に少しテンションがあがります。



会場の手前では顔はめパネルがあってファンの方々が並んでました。



2時間予定の公演は、アドリブやらが大いに含まれ、30分越えを決め込み夜公演に影響してスタッフおかんむり、という締めくくりでした。

ムロさんは本当に話すこと、楽しませることが好きな人なんだなーと感じました。全編喜劇で笑いどころ多く面白かったー!

ムロ式は一端区切るそうです。でも違う形で演劇はやってくとの話がありましたので楽しみに待ちたいと思います。


ちなみに、今回公演に使われた場所、普段はアシカショーの会場なんだそうです。アンケートで「お尻が痛かった」が多くて・・とムロさんがいってましたが、演劇見るタイプじゃないプラスチックの座面が小さな椅子。確かに、2時間以上は痛くなるかも。

最後はスペシャルゲスト!
アシカがでてきてこんにちはでした。

外でもアシカ



公演終了後、ムロさんが用意したスタンプラリーを集めるためによみうりランド内を歩き回りました。

斜面が多い。思ったよりも敷地が広い。



やたらカップヌードルもってる人多いなと思ったら、企業とのコラボ?なのかこういった施設が色々ありました。自分でカップヌードル作れるとか。もう受付終わってたのでやってませんが、色々面白そうなものありましたよ。

自分じゃ行かないだろう演劇やらに誘ってくれる友達に感謝です。

ミシン歴1年ちょい。ワークショップに参加して作ってみたもの。

ミシンをさわり始めて1年ちょっと。

スタイから始まって、ポーチを数種、大きめトート、と続き。

ポーチだけはだいぶ作ったので、決まった形ならば考えなくても作れるようになった・・かな。

気を抜くと向きとか間違うことはまだあるけれど・・ほどくことになるとため息でます・・

ミシンは趣味の一環、気分転換。

独学なので色々合ってるのかな〜?な部分もありますが、形になると楽しい。

本来作りたかったのはポーチだったので、概ねミシンライフに満足はしているのですが。


せっかくなのでソーイングのワークショップに参加してこんなものを作ってみました。



初心者向けコースなのでこのうえなく簡易的にしてくれていたのだと思いますが、それでもやはり工程が多い、パーツが多い、カーブ縫いが多い、となかなか難易度が高いものでした。。

次に洋服に手を出すのは先になりそうです(*´-`)

事前勉強をして参拝にのぞむ、由緒正しき愛知県名古屋の熱田神宮。で、人生初の御朱印をいただく。

回顧録。

名古屋巡り1日目、ひとりで厳かに回ってみようと、名古屋駅(地元の方は短縮して「めいえき」と呼ぶそう)のロッカーに大きな荷物だけしまって直行したのは『熱田神宮』

◆熱田神宮◆
https://www.atsutajingu.or.jp/jingu/

あとで知ったこと、その昔、あの女優さんと芸人さんが結婚式を挙げた場所だそうな。

寺社仏閣に詳しくないけれど、事前に知れば理解が深まるだろうとHPをくまなくチェック済み。

立派な鳥居!大きい。
例にならって一礼して足を踏み入れる。



この日は風もなく、気温も高めのようで寒さはほとんど感じない。

緑が茂っていて喧騒から離れた静かな空間。
人も溢れていないのでなおさら。広い境内を歩く。


こちら、織田信長が奉納したとされる壁。


ここで御朱印帳登場!

正直、ずっと購入を迷っていた御朱印帳。

しかし、そう何度も来る場所ではないし、色々読むうちに熱田神宮に魅力を感じ、こりゃもらわな!と、新幹線に乗る前に駅の和雑貨屋さんで購入。

選択肢があまりなかったけれど、色合いが気に入って選んだのがこちら↓




熱田神宮の御朱印。



栄えある(?)第一号!
勝手に妙齢の神主さんが書くものだと思っていたけれど、書いてくれたのは若い男性。同じ敷地内にある別宮は巫女さんがサラサラと。大きな寺社仏閣では、字の上手な人をバイトで雇ったりもするらしい。へぇ。

世界最大規模のプラネタリウムが日本にあること、ご存じですか?



あいにくの雨模様。

日本どころか世界最大規模のプラネタリウム、それが名古屋の中心部にあるらしい。

と知ったのは少し前のこと。

是非行ってみたい!と思っていたそこは「名古屋市科学館」

外から見えた球体は、今まで見たどの球よりも大きい!一体何人入っちゃうの?!

中に入ると、座席がひとつひとつ独立していていい距離感。左右に多少回転できるしいい具合にリクライニングする。
見える空が広い。 まるで本物みたい。
静かにテンションがあがる。

1月は「赤い満月」というプログラム。
天体に詳しい人には物足りないかもしれないけれど、小学生の団体が一緒に観賞していたりと、明快でわかりやすい内容がマル!

毎月違ったテーマで上映するとのこと。
近くにあったら絶対毎回行くだろうな〜。


名古屋市科学館はプラネタリウムが有名だけれど、各階も極寒体験ラボや竜巻ラボ、宇宙やサイエンスを触って学べる展示が盛りだくさん。幼稚園から中学生までわんさか来てはしゃいでいる。あの学びかたはさぞ楽しかろう〜いい大人もだいぶ楽しめることうけあいです。


竜巻の中心の風はどんな動きをしている?とゆう実験で中心に立つ小学生。を上から見た。


名古屋市科学館
http://www.ncsm.city.nagoya.jp/visit/planetarium/